2020/06/29

材種が違うテーブル・椅子 N 保育園 様

今年度4月に開園されました東京都のN 保育園 様に納めさせていただきました椅子とテーブルです。

3~5歳児の異年齢の縦割りクラスで使う椅子・テーブルです。

高さが材種ごとに違うのでしょうか?

各年齢ごとに3種類の木が選べます。

3種類の素材を入れた理由は、いろんな木があったら面白いし、子どもに違いを楽しんでもらいたいと思ったから、だそうです。

木の種類はわかりますか?

 

答えはこちらです↓

 

テーブルは一番上から、ブナ→ブラックチェリー→ウォールナットです。

座卓は桧で、晴れの日は縁側においてお昼を食べるなど、何に使っても楽しいと。
あえて違いを作ってみました。

木によって、色が違う、木目が違う、雰囲気が違う・・・きっといろいろなことを感じ取ってくれるのは

ないでしょうか。

こどもたちが、お気に入りの木の椅子ができたら嬉しいです。

 

ナガサワでは、ブナが標準品としてよく使っている木ですが、

建物や内装の雰囲気にあわせて家具の材種を選定しています。

ブラックチェリー、ハードメープル、ウォールナット、桧など

商品写真ではご紹介できない納品例がたくさんあります。

ぜひ、ご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから

➡TEL 0547-38-4578

(平日9:00~18:00 (土・日・祝日休み))
メールでのお問い合わせ