肋木(ろくぼく)遊びって?

組み合わせ、いろいろ!肋木遊び

「40年前から保育園にある!」「なくてはならない遊具」という声がある一方で、「肋木って、なんて読むの?」「どうやって遊ぶの?」とまだまだ知らない先生方も多くいらっしゃいます。
組みあわせやセッティング次第で、いろいろな年齢・遊びが広がります。そんな遊びの一例をご紹介します。

横置き

4面丸棒の間隔が違うので、置き方によって4通りのバリエーション!

肋木トンネル1
滑り板を敷いて、ハイハイで進め~

肋木トンネル2
上にも板をつけると洞窟のよう!?

滑り台/斜面登り

肋木遊び

箱積み木やマットなどで本体に傾斜をつけると難易度UP

縦置き

滑り台

滑り台

滑り台

はしご登り
取り付ける場所によって、角度が変化

滑り台

滑り台
台をつけることも

板登り

板登り
板をかける位置を変えると、板登り

組み合わせて

はしご登りと滑り台

はしご登り&滑り台
登って、渡って、滑って!

サーキット遊び

サーキット遊び 
本体を2台使うとさらに組みあわせが広がります

肋木雲梯

雲梯
本体を2台の間にはしごを渡して設置

肋木と滑り板

2台+すべり台
本体を2台の間に滑り板を渡して設置